てらだの魅力

代表挨拶

profile

みなさん、こんにちは!
㈱Stay gold てらだファーム代表の寺田晴美です!

いきなりなんですが、わたし、両親が営んでいた農業が嫌いでした。
朝は早いし、日中はお肌の大敵の紫外線をたっぷり浴びるし、夏は40~50℃のサウナみたいなビニールハウスで作業しなければならないし、大雨が降ったら雨合羽を着て何十枚もある田んぼの様子を見て回らなければならないし、冬は凍てつく寒さの中、かじかんで動かない両手でネギやプチヴェールを収穫しなければならないし、電動刈払い機で半日も草を刈ったら両腕が何日もしびれたままだし、ミミズやヘビや野ネズミたちとのご対面なんて日常茶飯事だし、作業着はダサいし・・・。
とにかく労働条件が過酷すぎて、とても若い女性がやる仕事には思えませんでした。

それがいまではマニュアルの軽トラや2トントラックだけでなく、8条植えの大型田植え機や稲刈り機だって乗りこなして、いっぱしの農家してますよーっ!
長年、農業と関係ない仕事をしてきたわたしが嫌いだった家業を手伝うことになったのは、年老いた両親にまかせっきりにしておけなくなったから。
でもやっぱり好きになれない。もっと前向きに自分の仕事に取り組めるようになるかもと、そのころはまだ珍しかった野菜ソムリエの資格を取得しました。
当時も今もウチのメインはお米ですが、わたしは野菜が好きだったので自分の好きな野菜のことやその調理法がもっとわかれば、仕事としての農業にも興味が持てるんじゃないか。
そしてその資格をとったことが一大転機となり、自分でもびっくりするほど農業にのめり込んでいったのです。

ただ食べるだけだったお米や野菜が、種や苗に水をやったり肥料をやったり虫を除いたりと手間ひまかけて育てることで、緑色の茎や葉っぱがすくすく育ち、やがて大きさも形も色あいもさまざまな花が咲き、最後には食べられる実がなる。そんな実や葉、茎、根っこを、野菜ソムリエとしての知識を活用していろんな調理法で料理して食卓に並べてみると、ちゃんと育ってくれた農作物が愛おしく感じるようになりました。

食の豊かさを通して心の豊かさを感じる。
わたしが感じたそんな心の豊かさを、てらだファームの米や野菜、加工品を手にしていただける消費者のみなさんにも実感していただけるような農業を今後も展開していきます。
さあ、みなさん、豊かな食を通して一緒に心も豊かになりましょう!

㈱Stay gold てらだファーム 代表取締役 寺田晴美

スタッフ紹介

profile_staff

会長

寺田喜一

長きに渡り、地域の農地を守り続けて参りました。米作りに真面目で頑固で妥協はありません。どんな機械も使いこなす、恐るべき77歳です!


profile_staff

役員

寺田増子

会長をしっかり支えてる裏のボスはこの人です。誰よりも体を動かしてるのもこの人ですね。




profile_staff

従業員

柏原さん

大手企業を定年退職後、地域貢献がしたいと今春より我がファームの一員となりました。「農業は思ったより甘く無かった〜」と言いながらも、日々励んで下さってます。頼りにしてます〜〜〜!!!

profile_staff

従業員

りなちゃん

農業高校卒業とともに入社!野菜作りのプロフェッショナルを目指して頑張る18歳です!




ページ上部へ戻る